<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< すばらしいペンとの出会い | main | 足助町の『中馬のおひなさん』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

本田 健 氏 名古屋講演

今日は名古屋で開催された「本田 健」さんの名古屋講演に行ってきました。
抽選で講演チケットが当たり非常にラッキーでした。

本田健さんは3年程前から本を書き出し、既に13冊執筆されており、
その著作シリーズが累計が130万部を超えている、作家兼ビジネスオーナーです。

「お金」と「幸せ」をテーマに執筆されており、大変多くの方から共感を
得ていらっしゃいます。 私もその1人です。

今までマスコミ等にもお姿が出ておらず、どんな方なのかわからなかったのです
が、
今回ご本人を初めて拝見することが出来ました。

現在は長野でセミリタイヤされていますが、もうすぐアメリカへ移住される為、
今後本田さんのライブを聞ける機会は、あまりないかもしれません。

講演会は2部構成となっており、第1部では、『ウオン・ウィンツアン』という
ピアニストのソロ・コンサートになっていました。

「また何でピアノコンサート?」と思ったのですが、どうやら本田さんは執筆する
時によくこの方のCDをかけるらしいのです。

曲を聴いてみると、どこかで耳にした曲もあり、「この人の曲だったのかぁ」って
思い聴いておりました。

どの曲もとてもメロディアスで、この方の感性がピアノの鍵盤を通じて、よく伝わってきました。

そして2部では、本田さん自らのスライドを用いた講演内容となっていました。

アメリカ人は「人生で起きた最悪のことが、今の幸せにつながっている」と答える人が
90%もいるそうです。

そして、その最悪のことが、「いかに幸せにつながっているのか?」というと、
 
 1.不健康なパターンが壊れる。
 2.悲しみ・絶望が人を大きくする。
 3.本物の愛情・友情を知る。
 4.自分にとって、何が大切だかわかる。
 5.大切なことを中心に生きる。

ということらしいのです。



では、「人生のピンチにどう対応するか?」というと、

 1.最悪と思った時に、そのイヤな感情を感じ尽くす。そして出来れば笑い飛ばす。
 2.過去に同じような最悪だったことを思い出し、その時なんとかなったのを思い出す。
 3.想像できる最悪を想定し、覚悟しておく。
 4.周りに助けを求める。


私は思うに特に日本人は、問題を1人で抱えてしまうケースが多いように思います。
そういった意味で、周りに助けを求めることは非常に重要ではないかと感じます。

まだまだ書きたいことは、たくさんありますが、本田さんの著書を読めばこれらの
エッセンスをくまなく感じ取れるかと思います。

きっと、よくなる! ユダヤ人大富豪の教え スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン
emg * - * 23:12 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:12 * - * -

コメント

はじめまして。
うらやましい。私も行ってみたかったです。スイス人銀行家の教えはまだ読んだことがないので読んでみようと思います。
Comment by シャラップ @ 2005/03/06 10:47 AM
シャラップさん コメントありがとうございました!

シャラップさんもかなりビジネス書がお好きなようですね。
私も昔は本が大嫌いでした(笑)
Comment by EMG @ 2005/03/07 1:51 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ